革靴の手入れ方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

革靴の手入れ方法 -日常の手入れとトラブル対策-

お気に入りの革靴をどれだけ長く履けるかは、日頃のメンテナンスと心がけで決まります。カビ・雨・シミなどのトラブル対策や正しい保管方法を把握し、いつまでも新品同様に愛用したいものです。

日頃の手入れ方法

◆エナメル

表面にウレタンなどの樹脂を加工したエナメル革の欠点は、寒さに弱く、ヒビ割れしやすく、通気性に乏しいこと。日常の手入れは、柔らかな布に専用クリームをつけ、汚れを落としながらすり込むように塗って、から拭きします。雨などに濡れた後は十分に乾燥させましょう。

◆起毛革(スエード/ヌバック/ベロア)

スエード専用ブラシを使い、日頃からマメにブラッシングし、ホコリがつくのを防ぎます。落ちにくい汚れは専用の消しゴムかクリーナーを使います。色落ちしないかどうか、目立たない部分で試してください。新品のうちに専用の防水スプレーをかけておくと効果的です。

◆カーフ/キッド

表面がキメ細かくてソフトな感触が特徴のカーフやキッドは、シミになりやすく、手入れにはとくに注意が必要です。また、色落ちしやすいものも欠点です。必ず中性タイプのクリーナーやクリームを選び、目立たない部分でテストしてから使用してください。

カビが生えたら

そのまま陰干ししてカビを浮かせてから、裏から叩きだしたり、ブラッシングをして取り除きます。スエード以外の革靴は、その後さらに乾いたタオルなどでから拭きしてください。ただし、革の組織の中まで変色している場合は、跡は消えません。カビは高温・多湿・栄養の3要素がそろったときに発生します。長期間保管するときは、クリーニングを念入りに行いましょう。

雨に濡れたら

できるだけ早く乾いた布で水気を拭き取り、新聞紙などを靴の中に入れて陰干ししてください。3~5日かけてゆっくり乾かすのがコツ。完全に乾いたらクリーナーで汚れを取り、クリームを少し多めに塗ってキーパーを入れておきます。スエードは完全に乾燥してからブラッシングして起毛させます。熱を与えたり日光に当てて乾かすと、型崩れやヒビ割れの原因になります。

シミやキズがついたら

革靴のシミに、ベンジンやシンナーは絶対に禁物です。必ず専用のクリーナーか消しゴムを使ってください。また、やっかいなシミは乳化性クリームを根気よくすりこんで、周りの色と同化させてしまう手もあります。キズは、浅いものなら、同様に乳化性クリームをすりこんで隠します。茶系の色は種類がいくつかあるので、正しい色のクリームを選んでください。

◆保管方法

まずクリーニングを行い、しばらく陰干ししてから、完全に乾いていることを確認します。革底には、保革油を塗っておくとよいでしょう。キーパーを入れてから、専用のシューバッグか靴箱に入れて、できるかぎり高温・多湿を避けた場所で保管してください。長期の保管には、乾燥剤をいっしょに入れておくと効果的です。梅雨時や湿気の多い季節には、ときどき取り出して陰干しすれば万全です。

便利なメンテナンス用品

◆シューキーパー

靴の保管にシューキーパーを使えば、靴の寿命は必ず延びます。型崩れ防止だけなら、プラスチック製でOKですが、木製は吸湿性にもすぐれているため、おすすめです。

◆靴用補修クリーム

靴にキズがついて目立つからといって、あきらめるのはまだ早い。靴用補修クリームを使えば、小さなキズなら目立たなくなります。色数も豊富です。

◆起毛革専用スプレー

通気性を損なわず、補色と同時に汚れを防ぐカラースプレーや、汚れを落として起毛を戻すスプレーなど、各種あります。いずれも、デリケートな起毛革靴の必需品です。

◆靴底修理セット

靴のつま先やかかとがすり減ったら、迷わず自分で補修。新品のときに取りつければ、靴底を保護し、いっそう効果的。滑り止めの役目も果たします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*