カーワックスのかけ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カーワックスのかけ方 -洗車とワックスがけのノウハウ-

ピカピカに磨きあげたクルマは、見ていても乗っていても、気持ちのいいものです。基本的な洗車方法とワックスがけのノウハウをマスターし、愛車をいつも新車同様に輝かせておきたいものです。

上手な洗車の手順とコツ

洗車を上手に行うポイントは、まず手の届きにくい屋根部分から始め、それからボディ、下回りへと移ること。しつこい汚れには、カーシャンプーを使うと便利です。

①屋根から洗い始める

汚れは、屋根から下回りに向かって洗い流すのがコツ。下回りはとくに丹念に。最後は布で水気をしっかり拭きとります。

②ガラスをきれいにする

水をかけて洗い流し、よくしぼった雑巾などで拭きます。しつこい汚れや油膜は、ガラスクリーナーで拭き取ってください。

③タイヤは洗剤で洗う

ホイールやタイヤは、ドロや油汚れがもっともひどい場所。水だけでは落ちきらないので、洗剤を使って洗うのがベストです。

④カーシャンプーを使う

ボディーの水あかや汚れが水洗いで落ちない場合は、カーシャンプーを使います。その後のワックスのノリがよくなります。

ワックスがけの手順とコツ

ワックスがけは、薄くむらなく塗りのばすのがポイント。ゴム部分につけないように注意して、一定の力で塗っていきます。ボンネットが焼けるような強い直射日光の下は避けましょう。

①塗りにくいところから塗る

衣服にワックスをつけないよう、手の届きにくい屋根から塗り始め、ボディサイドに移ります。この順番は厳守してください。

②力を入れずに薄く塗る

ワックスをむらなくかけるには、少量をスポンジにつけて、まっすぐ塗るのがコツ。薄く、広く塗りのばしていきましょう。

③乾いた布で拭き取る

ワックスを塗り終えたら、すぐに乾いた柔らかい布で拭き取ります。なお、油性以外のワックスは、から拭き不要です。

④ホイールまわりを磨く

特にアルミホイールの場合は、専用のクリーナーをご使用ください。

ワックスの種類と特徴

カーワックスは大きく分けて、固形ワックス、半練りワックス、液体ワックスに分かれます。またそれぞれに、白ボディ車用、ブラック車用、メタリック車用など、ボディ色別に分かれています。愛車の色や塗装面に合わせてお選びください。

◆固形・半練りワックス

固形・半練りそれぞれに、研磨剤入り、紫外線吸収剤入りなど、さまざまな種類があります。研磨剤入りは、水あか・汚れとりの効果があります。

また、研磨剤を含まないタイプもあります。

紫外線吸収剤入りは、直射日光による日焼けや色あせを防ぐ効果があり、屋外駐車をしている車に最適です。

◆液体ワックス

補修顔料入り、長期間持続コーティングタイプ、トリプル効果型など各種あります。

補修顔料剤入りは、メタリック車に多いボディのこすり傷を、つやだし効果とともに目立たなくします。

長期間持続コーティングタイプは、ワックス効果が3~7ヵ月持続するのが特徴です。

トリプル効果型は、洗車・水あかとり・ワックスがけが、一度にできる画期的ワックスです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*