ドライバーの種類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドライバーの種類 -ドライバーの種類と機能-

ネジを回すという単純な作業のためだけに、じつに多くの改良が加えられ、さまざまな種類のあるドライバー。それぞれの機能と特徴をよく理解し、用途にあった選び方をしたいものです。

ドライバーの種類と用途

マイナスドライバー

マイナス溝⊝のあるネジの取りつけ、取り外しに使用します。先端がネジ頭の溝方向にすべってはずれることがあるので、ネジの中心とドライバー軸の中心を合わせて使うのがポイントです。

プラスドライバー

プラス溝⊕のあるねじの取りつけ、取りはずしに使用します。押さえつけるようにして回さないと浮き上がってしまい、うまく回せません。先端部がマグネットになっているものが使いやすいでしょう。

スタビドライバー

ドライバーの柄の長さが極端に短く、力が入れやすく、狭い場所での作業に適しています。

ナットドライバー

六角ボルトや六角ナットの取りつけ、取り外しには、通所スパナを使用しますが、これ1本あると便利。ドライバーのグリップ径が小さいものが多いので、作業しやすいのが特徴です。

精密ドライバー

精密機器、電気機器、眼鏡、時計などの修理・調整に使います。人差し指でドライバーの頂上を押さえ、親指と中指で回すようにして使います。

インパクトドライバー

使用方法は、本体の柄をしっかり握り、ネジを回すほうにスイッチを切りかえ、ハンドル頭部をハンマーでたたきます。その力が回転に変化して、楽にネジが回せます。特にネジを強く締め付ける場合や、サビついたネジをゆるめるときに威力を発揮します。

ラチェットドライバー

手首の反復動作だけで、楽にビスの着脱ができ、グリップを持ちかえる必要がありません。左右の切りかえはワンタッチ。

オートマチックドライバー

ドライバーの先端部にネジをつけ、グリップを上下に動かすだけで、ネジの着脱ができる便利なドライバーです。先端ビットをかえることにより、あらゆるネジに対応可能です。

トルクスドライバー

六角形の星型をしたトルクスネジの取りつけ、取りはずしに使用します。スムーズなトルク伝達で、強力な締めつけができるのが、トルクスドライバーの最大の長所です。

検電ドライバー

・低圧用-電灯および電力線の導通試験、テレビ・ラジオなどの点検。

・高圧用-自動車などのスパークプラグの発火試験、など。

電工ドライバー

感電を防ぐ工夫がしてある電工作業用のドライバー。柄がひょうたん形ににくびれているため、その部分で曲がった針金をまっすぐに伸ばせます。

フレキシブルドライバー

ドライバーの軸が自由に曲がるので、狭くて手の入りにくいところや入り組んだところでの作業に威力を発揮します。

電動ドライバー

電動により、楽にネジの着脱ができるドライバー。

ドライバーの基本的な使い方

ポイントは、ネジの溝の大きさにピッタリ合うサイズのものを使用することです。1番と2番は、特に大きさを間違えやすく、2番の溝のネジに、1番のドライバーを使用してしまい、ネジの溝をつぶすことが多いので注意してください。

家庭内で使用されているネジには、2番のドライバーがもっとも多く対応するようです。実際に使用するときの注意点は、ネジに対して垂直に力がかかるようにすること。ほじるようにしてはいけません。斜めの位置で回したり、プラスのネジにマイナスドライバーを使ったりすることはやめましょう。

ドライバーを使いこなすコツは、回すというより押しつける感じで、ネジを回すことです。

魔法の一滴 スクリューグラブ

ネジの溝がつぶれてしまった。こんな経験は、だれでも一度や二度はあるはず。そんなときにおすすめなのが、スクリューグラブ。ネジの頭かドライバーのさきにほんの一滴つけるだけで、ドライバーがすべることなく、ネジをラクラク取りはずすことができます。ドライバー仕事には欠かせない必須アイテムです。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*