ネジの種類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネジの種類 -ネジやタッピングの種類と特徴-

家の中を見渡すと、さまざまな場所にネジが使われています。ひとくちにネジといっても、ネジ山の形状やネジ山の切り方が違ういくつかの種類があります。目的に合った最適のものをお選びください。

ネジの種類と特徴

皿木ねじ

ネジの頭が平らになっているので、材料に埋め込んでしまえば目立ちません。木材用。

丸木ねじ

ネジのスタンダードタイプです。長さ、太さ、素材別に豊富な種類があります。木材用。

オムニF1ナベ

先端部に切削機能があるため、木材が割れにくいネジです。木材用。

皿タッピング

ネジ山が根元まで切ってあるのが特徴。頭も平らです。金属素材用。

なべタッピング

もっともよくつかわれるタイプのネジです。金属素材用。

トラストタッピング

部材の組み立てなど、ネジをがっちり締め付けたい場所に最適です。金属素材用。

六角フランジタッピング

レンチやドライバー、スパナでも締められ、フランジつきなので緩みません。金属素材用。

六角タッピング

レンチやスパナで締められる強力なネジです。機械部品などに多く使われます。金属素材用。

ドリルネジ

先端がキリ状になっているので、薄い鉄板程度のものならした穴をあけながら入っていきます。金属素材用。

ネジの止め方

ネジをきれいに止めるには、下穴をあけることとネジ頭の溝に合ったドライバーを使うことが大切。以下、皿タッピングのネジを例に止め方を説明します。

まず、ネジを止める場所にポンチでくぼみをつけます。こうすると、次に行うドリルの穴あけ作業がスムーズに運びます。

次に、ポンチで付けたくぼみにドリルを当て、ネジの直径より少し大きめの穴をあけます。

このあと、ネジの頭と同径のドリルを使って、ネジの頭分の穴を掘ります。これをサラザグリといい、ネジの頭がとび出さないようにするポイントです。

ネジをしっかり締めつけます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*